偽物か本物かの判断を。

時計買取業者に時計を査定してもらおうと持って行ったけど、偽物を判断されたという経験はありませんか?このような時には、きちんと保証書があるかどうかという事を確認するべきです。

保証書がない場合には、ブランドの刻印があるかとかという事を確認しなければいけません。

素人の判断ではつかないという時には、修理にだしてみるといいと思います。

正規品であれば本物も部品が必要になってきます。

修理業者はこれをひとめで判断する能力があります。

時計買取業者に持って行き、無駄な時間を費やすよりも修理にだす事で簡単に偽物なのかという判断をつける事ができます。

時計買取業者の中には本物なのに、偽物という査定をして価格を大幅に下げるという事もあるので、自分の時計なので本物なのか偽物なのかという事の管理は必須になります。

時計は偽物が多く存在していると言われます。

なので、見分ける判断もネット上でのっていたりするので、1つの基準としてみておくべきだと思います。

もし、偽物の場合は時計買取業者も買取をしてくれないので、持って行って査定をする事はしないほうがいいと思います。

交通費の無駄になったりするので、無駄な行為なしない方が無難だと思います。